ビジョン

ICTの進化に挑戦し、培ってきた強みとICTを活用した新しい“しくみ”や“価値”を創造し、新たなソリューション・サービスを創出します。

そしてWeb技術を核とする事業の推進と共に、現行事業と相乗効果が発揮できる事業領域で新たな事業群の確立を推進し、新たな市場の開拓を図っていきます。

成長戦略

ビジョン実現に向け、以下の3つのステージからなる成長戦略を推進していきます。

STAGE 1:基盤の充実/強化

成長戦略の推進を加速するために、以下の各基盤を強化することで、ソリューションを洗練し、またWebシステム、モバイルアプリ、デジタルコンテンツの各サービス力の向上を図っていきます。

開発基盤

品質基盤(QMS)の改善・改革
経営活動の一環を支援する品質マネジメントシステムを継続的に改善・改革し、品質の維持・向上に努め、ビジョン実現に向けてのスピード化を図ります。
情報セキュリティ基盤(ISMS)の改善・改革
運用・設備の両面から、情報セキュリティ基盤を継続的に改善・改革し、万全な情報セキュリティ基盤を構築・維持します。

人材育成基盤

人材育成の更なる強化
新人研修、および中堅社員に対する研修を充実させることで、各業務(開発・営業・総務)の更なる向上を目指します。また開発部は、当社の強みを活かせる最新技術(アジャイル開発手法、フロントエンド技術)を研修に取り入れ、人材育成の強化を図ります。
資格助成枠の拡大
社員のスキル向上を後押しするため、資格助成制度等の更なる充実を図ります。

営業支援基盤

全員営業の推進強化
出向者/開発部/営業部が密に連携し、受注獲得の更なる推進を図ります。
営業/総務業務基盤の改善・改革
営業業務(営業支援、等)および総務業務(勤怠管理、資産管理、等)基盤の継続的改善・改革を推進し、社内営業/総務業務をより効果的・効率的に運用できるようにします。

広報・PR支援基盤

広報の確立
採用応募者、および見込み客に向けた、当社の強みや魅力のPRを、HP等を活用して更に推進します。

STAGE 2:新たなソリューション・サービスの創出

培ってきた当社の強みと、営業活動を通して得られた市場動向などの情報により、新たなソリューション・サービスを創出していきます。

「強み」を活用したソリューション・サービスの創出
開発を通して培ってきた当社の強みと、新たに必要とされる技術や業務知識を研鑽し、これらを活用し新しい“しくみ”や“価値”を創造し、新たなソリューション・サービスの創出を図ります。
IoTやAIによるソリューション・サービスの創出
IoTやAIなどの技術革新に対する調査・活用に果敢に挑戦し、新たなソリューション・サービスの創出を図ります。
市場動向のフィードバック
営業活動や出向時/開発時での市場動向/顧客/見込み客などの情報を積極的に会社にフィードバックし、より戦略的な行動が図れるようにします。更にこれらの情報を活用し、市場性に基づいたソリューション・サービスの創出を図ります。

STAGE 3:新たな市場の開拓

現行事業を更に発展させると共に、現行事業と相乗効果が発揮できる事業領域で新たな事業群を確立し、新たな市場の開拓を図っていきます。

新たな市場の開拓
創出したソリューション・サービスにより、既存顧客の深掘・横展開や新規顧客開拓を図り、更に当社の強みを発揮できる市場の開拓、および「点」から「面」へ対象事業領域の拡大を図り、新たな市場の開拓に果敢に挑戦します。
新たな事業の確立
新たなソリューション・サービスや、新たな市場を活用することにより、現行事業との相乗効果が発揮できる新たな事業の確立を図ります。